八重桜(牡丹桜)とシベリアンハスキー

シベリアンハスキーのヴィヴィアンと一緒に朝散歩をしていると、緑の中に咲くピンク色の花を見つけました。4月の下旬頃、満開を迎えた八重桜です。

八重桜が満開

散歩に戻りたいシベリアンハスキーと牡丹桜を眺める妻

こちらの方では、八重桜が見ごろを迎えました。八重桜の淡いピンク色は、空の蒼さ・柔らかな緑とのコントラストが美しい。

八重桜の開花時期は4月中旬~5月上旬頃。通常の桜と比べて遅咲き。サクラ属の花は、同時に割くというよりも時期をずらして割いてくれるのでいいですね。

妻も思わず、足が止まります。見ごろと書きましたが、実際には強風で花が落ちたりしており、もうすぐ散ってしまうのかもしれません。早く散るのは、サクラ属の花の特徴ですが、いつも寂しい気持ちになります。

八重桜とシベリアンハスキー

落ちていた八重桜を頭に乗せられたヴィヴィアン

妻は落ちている花があると、シベリアンハスキーの頭の上に乗せたがります。

可愛いと可愛いをかけ合わせても、可愛いとなるとは限らな……可愛い!

八重桜の花を乗せられて落とさないようにバランスを取るヴィヴィアン。色々な花を乗せられてきたので、今回もバッチリ画像に収めることができました。

美しく、儚げなな八重桜。花言葉は「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」。

豊かな教養をもって今後を豊かに生きる知識を、そして上品で奥ゆかしい印象を与えられるおしとやかさを身に着けたいと思う夫婦なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA