京急油壺マリンパーク|水族館で出会った生き物たち

こんにちは!

水族館にいた生き物たちよりも愛犬のことばかり見ていた!30代夫のWisteriaです。

本日の内容は、

「京急油壺マリンパーク|水族館で出会った生き物たち」

ということで、2021年9月をもって閉園した京急油壺マリンパークでヴィヴィアンが出会った生き物たちを紹介していこうと思います。

もう行けないと思うと悲しい気持ちにもなりますが、マリンパークで出会った生き物たちは今もどこかで活躍していることを考えると、私も前向きに頑張ろうと思えます。

ということで、

ヴィヴィアンが初めて出会った海の生き物たちと、その時のリアクションを紹介していこうと思います。

水族館でハスキーが出会った生き物たち

ハスキー犬と魚

水族館内の回遊水槽では、多くの種類の魚類を見ることができました。

非常に静かで、涼しかったためか、ハスキーたちはそっと目を閉じてスヤスヤ……

チョット、待って!!

こんなにたくさんの魚に囲まれて動いているのに、反応が薄ッ!!(笑)

動いているものが認識できても、匂いや音がしないと興味を示さないようです。

ヴィヴィアンたちは9歳で、ダイアママは13歳。落ち着いてしまったんだな~、としみじみ。

落ち着いたからこそ、水族館などに安心して連れてくることができるのですけどね!(笑)

キョロキョロ辺りを見回していたので、魚を見ていたとは思います。

ハスキー犬とペンギン

ペンギン島にいるキタイワトビペンギン。愛くるしい姿を一目見ようと多くの人がいました。

飼育員スタッフが餌を与えている時はちょこちょこ動いてヴィヴィアンも強く反応していましたが、食後は動かずに日光浴を楽しんでいました。

そんなペンギンたちをジッと見つめるシベリアンハスキー。

大きさも猫くらいのサイズで、猫を見かけた時のように向かっていきたくなるのかな?と思いましたが、見つめているだけでした。

あまりにも直立不動だったので、ハスキー犬たちの頭の中には、???が浮かんでいたことでしょう。

匂いがしても、動いていないと興味をそそられないのかもしれませんね。

ハスキー犬とカワウソ

水槽の中を高速で泳ぎ回るカワウソを必死で目で追うシベリアンハスキー。

犬も猫も、すばしっこい動きが大好きですよね。

ですが、目で追うだけで楽しんでいました。落ち着いて大人になったんだね……(しみじみ)

ちなみに甥っ子の方が大興奮!その横で冷静にカワウソを眺めるヴィヴィアンを見てその温度差に笑ってしまいそうになる飼い主なのでした。

ハスキー犬とアザラシ

大きな水槽の中を自由に泳ぎ回るアザラシ。

その水槽の横に小さな窓があり、そこからアザラシを見ることができます。

甥っ子が水槽の中を見ていてもアザラシが来てくれなくて、いじけていました。

そんな中、ヴィヴィアンがそっと水槽の中を覗き込むと、アザラシを目が合います……。

スゥ~と泳いでやって来てくれました。

これには、甥っ子も大興奮!先ほどと打って変わって、「アザラシ、可愛い!!」を連呼!

ヴィヴィアンもやってきてくれた大きなアザラシから目が離せません。

気持ち良さそうに泳ぐ姿を見つめて、楽しそうにしていた私たち一行なのでした。

もしや……この水族館の動物たち、

犬に反応しているのでは!?

と錯覚してしまうほど、犬に対してサービス精神旺盛です(笑)

私としては嬉しい限りです!

ハスキー犬とイルカ

イルカショーで初めてイルカを目にしたハスキーファミリー。

かなり遠くからの観覧だったのにも関わらず、最も興味を惹かれた生物がイルカです。

理由は、甲高い鳴き声とダイナミックなジャンプによって生じる水の音。

視覚も聴覚もフル活用してイルカを見て聞いて楽しんでいました。

その時の様子はYouTubeで公開しています。

是非、ご覧下さい。

愛犬と行く水族館は楽しい!

これまで水族館には何回もいってきましたが、犬を連れての水族館は初めての体験でした。

犬の安全を確保したり、粗相がないようにしたりと気を遣って大変なところもありますが、愛犬と行く水族館は楽しい!!

海の生き物たちを見て回りながら、ハスキー犬たちのリアクションも見れるなんて、間違いなくどのお客さんよりも飼い主が一番楽しんでますよね!

途中から海の生き物を見るよりも愛犬の方ばかりを見ていたので、愛犬と水族館に行かれる方は注意して下さいね!(笑)

今度は動物園に行きたいなぁ……(ボソッ)

ではでは、また明日お会い致しましょう!👋👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA