シベリアンハスキーの家に迷い猫がやってきた。その後、しっかり家族になっていた!

子猫が家の前で鳴いています。

飼主は、子猫が放っておけずに保護することに。

この家には先住民のシベリアンハスキーが3匹住んでいました。

先住民のハスキーと保護猫。

その後、しっかり家族の一員になった猫のお話しの続編です。

動画版はこちらからどうぞ。

以前の記事からの続編となります。

シベリアンハスキーにべったりだった猫

初めて会ったとき、子猫はシベリアンハスキーにべったり。

その時の様子はYouTubeでも見て取れます。

この時は、新しい場所に連れて行くと震えて身動きが取れないことが多かったです。

捨てられてしまったことを、思い出してしまうからでしょうか。

仲間意識が強いシベリアンハスキーは、すぐに子猫を迎え入れました。

子猫もそんなシベリアンハスキーに甘えているようでした。

シベリアンハスキーより賢くなった猫

数ヶ月が過ぎました。

子猫も大きくなり、猫になっていました。

変化は身体の大きさだけではありません。

まず、シベリアンハスキーに甘えなくなっていました。

理由は簡単で、シベリアンハスキーに追いかけられたためです。

以前は、怖がりで動かなかった子猫。

月日を重ねて、恐怖心を取り去ることに成功したのも束の間。

素早く動き回っていると、シベリアンハスキーたちに追いかけまわされ始めます。

素早い動きをされると、ハスキーは反応してしまうんです。

少しだけハスキーが苦手になった猫。

そうすると、ハスキーたちが追いかけてこれない場所を好むようになりました。

特にテーブルの上はハスキーたちも追っては来れません。

美味しいご飯にも有り付くことができます。

一石二鳥。

賢く育っていました。

シベリアンハスキーより強くなった猫

半年も過ぎると、猫は逞しく成長していました。

キャットタワーから5匹のハスキーを観察する猫。

ハスキーに囲まれても怯みません。

ケージの外でも、ハスキーが顔を近づけるものならば、

猫パンチ!

ハスキーが怯み、トボトボと猫から離れます。

理解力があるシベリアンハスキー。

怒られたら、引き下がります。

しっかり家族になっていたシベリアンハスキーと猫

シベリアンハスキーと猫を見ていると、それぞれがお互いの事を理解しているように思えます。

同じ空間の中、犬と猫が仕切りもないところで、過ごせています。

お互いの存在を認めていなければ、同じソファーでくつろいだりできません。

たまには、喧嘩をしてしまうこともあります。

ですが、

ハスキーは、猫に威嚇されると直ぐに引き下がりますし、

猫は、ハスキーにダメージのある攻撃はしていません。

お互いがお互いのことを理解していることで、信頼していることで、

一緒に暮らせているんだと思うんです。

猫のジャスパーが来てから、もう少しで1年が経とうとしています。

益々、家族になっていくこと、いけることを楽しみに見守っていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA