捨て猫を保護した飼主と犬。家族になる。

子猫を保護しました。

既に大型犬を3匹飼っています。

シベリアンハスキーと迷い猫の家族になるまでの物語。

シベリアンハスキーの家に現れた子猫

家の玄関の前で子猫が鳴いていたらどうしますか?

  • 保健所に連絡しますか?
  • どこかに行くのを待ちますか?
  • それとも……?

子猫が今日も来ました。

数日続けて実家を訪れていたようです。

捨て猫なのか迷い猫なのか分かりません。

そこには、弱々しい子猫。

様子を見るために扉を開けてると子猫は逃げません。

見過ごせなかった実家の家族は

一時的に保護することにしました。

しかし、問題がひとつ。

実家にはシベリアンハスキーが3匹。

一緒に飼えるのか?

保護した子猫

シベリアンハスキーと子猫の出会い

保護したばかりの子猫はやせ細っていました。

ここ数日、探していたのかもしれません。

  • 自分を産んでくれた母猫を。
  • 一緒に居た飼主を。
  • はたまた、新しい家族を。

SNSで情報を集めようにも有益な情報は無し。

取り敢えず、先住民のハスキー達に会わせてみることに。

すると、

保護した猫を見たハスキー達は大興奮。

興味津々のハスキーに対して恐怖で硬直する子猫

当時はとても一緒に飼える様子ではなかったようです。

子猫とハスキー達の居場所を別けた生活。

お互いに徐々に慣れてもらうしかありませんでした。

一時的に保護するにしても名前が必要となり、

ジャスパーと呼ぶことに。

ジャスパーの新しい飼主を探しながら、

動物病院で健康診断と予防接種。

そして、

1週間が過ぎ、恐る恐る家の中を歩けるように。

1週間が過ぎ、おもちゃで遊べるようになった時。

ヴィヴィアンが実家を訪れます。

シベリアンハスキーたちと住み始めて2週間後のジャスパー

シベリアンハスキーに慣れさせる

ジャスパーが実家で暮らすためには、

シベリアンハスキーを知ってもらう必要があります。

そこで、温厚なヴィヴィアンと会わせることに。

お互いの顔を近づけ、匂いを嗅がせます。

すると、すんなりと仲良しに。

ヴィヴィアンはジャスパーのそばでゴロン。

ジャスパーはヴィヴィアンに興味津々。

その矢先、

  • ジャスパーを見つめるヴィヴィアン
  • ヴィヴィアンの手で遊びだすジャスパー
思わず嚙まれてプッツン

ジャスパーは怒られ、また硬直してしまいました。

ヴィヴィアンも子猫の爪や歯が痛かったようです。

その後、すぐに仲直りしてくっついていました。

お互い温厚な性格なので、気が合ったのかもしれません。

犬猫用おやつを食べるシベリアンハスキーと子猫

ジャスパーにもあげられるようにと、

自宅から持ってきた犬猫用おやつ『鱈ほぐしソフト』。

これを二人にあげることにしました。

小さくちぎっていると、

犬も猫も待てができるようです

ヴィヴィアンを見てジャスパーもお座り。

真似をしているようでした。

二人は仲良くおやつを食べていました。

お腹も満たされて二人でゴロゴロ。

これで仲も深まったかな?

モフモフの虜になる子猫

犬と猫が暮らすために

お互いの存在を知ること理解していくことが大切です。

何事も経験して怒られたりしながら、理解を深めていきます。

おやつの後、尻尾で遊ぶジャスパーをヴィヴィアンは怒りませんでした。

飼主がジャスパーの手を持ち、ヴィヴィアンの手を触らせるとジャスパーは飛び退きました。

犬も猫も互いの事を経験から理解いるんです。

ハスキーたちは追いかけることもありました。

ジャスパーもハスキーに猫パンチを何十発も入れました。

半年経った現在では、みんなで仲良く同じ空間にいます。

いつの間にか家族として溶け込んでいったジャスパー。

それは、

  • ジャスパーが勝ち取った自身の居場所?
  • 飼主やハスキーたちが与えた居場所?

きっと、

みんなが作った・作ろうとした未来(家族)だった。

そう私は信じています。

見守るシベリアンハスキー

ここまで読んで下さってありがとうございました!

その他、YouTubeTwitterInstagramでも

30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信しておりますので、

こちらも宜しくお願い致します。

今回の記事の元動画はこちらから。

動画では緊張感あるシーンや優しく見守るシベリアンハスキーを堪能できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA