春を告げるツバメの巣作り。ツバメに狙われた我が家。

最近、ツバメをよく見かけるようになりました。春を告げるツバメ、可愛いですよね。

繁殖のための巣作りをするため、現在は大忙し。あちらこちらを飛び回り、いい物件探しをしています。実際には家を建てるための家探し中。

とある朝、目が覚めると、ツバメが2階のバルコニーに巣作りをしようとしていました。それを阻止しようとする30代夫婦とハスキー犬の朝の様子をお届けします。

春を告げるツバメの巣作り

ツバメが我が家の2階のバルコニーを狙ってる。

ツバメは春ごろに日本にやってくる渡り鳥。害虫を食べてくれる益鳥。そして、人通りが多い場所に巣作りをする特徴から縁起が良い鳥とされてきました。

ツバメは外敵から卵や雛を守るため、民家などに巣作りを行います。

ですが、ツバメの糞による虫や病原菌の繁殖は避けたい我が家。巣は別な場所を当たってもらうべく、巣作りさせないように対策を迫られました。

ちなみに、ツバメの巣作り候補に挙がってしまったのは、我が家のココ。

2階のバルコニーの外灯の上。確かに、ここならば安心して子育てできるでしょう。私もツバメならそのように考えます。

外灯から目線を下に落とすと……。

様子を見に来て、糞してる。糞を落とされていたことは、ちょっとショック……。ですが、巣が作られる前で良かったと思います。

ヴィヴィアンもよく利用するバルコニー。ツバメには悪いですが、衛生管理上、ここには作らせません。

我が家のツバメの巣作り対策

バルコニーの手すりに佇むツバメ。ツバメの夫婦はマイホームを作るためのマイホーム(我が家)を見定めていました。(分かりにくい表現!)

どうにかして、ツバメが外灯の上に乗れないようにしなければなりません。

寝室の周囲を見渡すと、ちょうど良さそうなものを発見。早速、設置してみることに。

虫よけネットを外灯の上に置いただけ。ツバメは諦めてくれるのか?寝室で夫婦とハスキー犬は見守ることにしました。

寝室に戻ると、ツバメは外灯の上に止まろうとします。しかし、虫よけネットが邪魔で止まれなくなった様子。何回かトライしていましたが、やがて遠くへ飛んで行ってしまいました。

平穏が訪れた我が家。ヴィヴィアンも自分が出入りするバルコニーを汚されなくて一安心したかのように横になっていました。

ツバメさんには悪いことをしましたが、愛犬のためにも巣作りは遠慮して戴きました。

その後、床面を掃除して糞を片付け。共存するのはできませんでしたが、巣を作る前に対応できて良かったと思います。皆さんも巣作りされて困る場合は、早期対応することをおすすめします。

ここまで読んで下さってありがとうございました!

その他、YouTubeTwitterInstagramでも

30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信しておりますので、

こちらも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA