ゴールデンウィークは愛犬とBBQ

今年のゴールデンウィーク。緊急事態宣言でお家時間が増えることが予想されますよね。昨年のゴールデンウィークはどのようにして過ごしたかと言いますと、自宅でバーベキューしていました。今年の予定は未定ですが、昨年のバーベキューについて紹介していこうと思います。

ゴールデンウィークに愛犬とBBQ

5月にもなると、シベリアンハスキーにとっては辛くなる季節です。気温も20℃超え。もふもふのシベリアンハスキーにとっては20℃以下が望ましいところ。そんな中、ヴィヴィアンの大好きなバーベキューでゴールデンウィークの1日を過ごしました。

お肉は味のついていないものをチョイス。ヴィヴィアンも食べられるものを購入してきました。

ハスキーのメインのお肉は鶏胸肉。いつも食べている量を炭火でじっくり焼きます。

お肉を切り始めてからはヴィヴィアンの様子が一変。急にそわそわしだします。自分の分だと言わんがばかり。待ちに待った鶏胸肉はあっという間に完食してしまいました。

続けざまに、スペアリブ。通常のお肉の量を食べ終えても、まだまだ食べたいヴィヴィアン。

スペアリブは脂身が多かったので、赤身の部分のみをおすそ分けしました。するとまた瞬殺。

夫婦とは異なり、胃もたれという概念がなさそうなシベリアンハスキー。与えた分だけ食べてしまいそうなので、少しずつお肉を楽しんで貰うことにしました。

最後はカルビ。大葉を乗せて与えました。貰う時はスィット‘Sit’からのステイ‘Stay’。食べ物を貰う時は完璧にこなすヴィヴィアン。

ちなみに他人の時は言うことは聞きません。これには、理由があります。

ヴィヴィアンはスィット‘Sit’とステイ‘Stay’で覚えているため、「お座り!」と言われても「何それ?それもくれるの?」みたいな顔をします。なので、他人から「お座り!」と言われた時は、待てません(涙)

最後に重いカルビを食べた我が家。満足した後はお昼寝タイムに入ります。

タープにより日差しをカットすると、過ごしやすい陽気です。ヴィヴィアンが横になると、すぐさま妻も横になり、くっつきます。

暑いのにくっついてくる妻。ちょっとだけ夫に助けを求めるシベリアンハスキー。

ちなみに妻は愛犬をチャージしていたとのこと。ハスキーに顔を埋めてもふもふを満喫していました。

愛犬と一緒にまったりとしたBBQを満喫した昨年の我が家なのでした。

今年も自宅などでまったり過ごしたいと思います。その様子はブログの他、YouTubeTwitterInstagramでも30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA