ペット保険は必要?両学長の考え方に賛成できること!できないこと!

皆さんは両学長というライオン顔のYouTuberを知っていますか?

登録者数200万人越えの超人気ビジネス系YouTuberです。

ペット保険は必要だと思いますか?という質問者からの回答に非常に共感できるものだったのですが、一部共感できない所もありました。

ペット保険における両学長と私たちの考えをご紹介していきます。

両学長というライオン系?ビジネス系YouTuber

両学長のことはYouTubeを普段からよく見ている方はご存知の方も多いでしょう。

両学長とはWebサイトのリベラルアーツ大学とYouTubeの両学長 リベラルアーツ大学でご自身の体験から人生を豊かにする生き方・考え方・お金の知識を発信している方で、本なども出版されています。

私たちもこのお金の大学で多くの考え方や知識を学びました。なので、同世代の親戚の誕生日に誕生日プレゼントとして問答無用で送り付けています。

同世代の親戚の人たちは両学長のことを知りません。なので、いきなり怪しいライオンの本が送られてきて驚く人も多かったです。

私としてはお金のことを体系立てて解説してあるので良書だと思って贈っているのですが、受け取った本人たちが実践しなければ、ただの270ページの厚い(熱量的にも熱い)本になってしまいます。

人生をより良く生きるためのきっかけ作りになれればと、『目次くらいは読んでおいて損はないよ~』と言って配っています。

ちなみに私は両学長の回し者でもなければ、リベ大のコミュニティにも入ってもいません。ですが、動画は勉強になるので毎回真剣に見ています。(入学を検討中。笑)

ペット保険における両学長と私たちの考え方

5月29日にライブ配信動画でペット保険における考え方を聞きました。どのような内容だったかは、こちらの動画を見て下さい。

40:35から学資保険とペット保険について話されています
以前にも話していました

ペットを飼うことへの考え方【同意見】

両学長のペット保険についての考えを抜き出すと次の通り。

感情がのるけど、ペット保険もいらない保険

ペットを飼うのは金銭的には贅沢品

ペットの医療費が払えないんだったら、そもそも飼ったらダメ

私たちの考えは次の通り。

ペット保険は入っても入らなくてもいい

ペットを飼うのは金銭的に贅沢品

ペットの医療費が払えないんだったら、そもそも飼ったらダメ

基本的にペットを飼うことへの考え方は同意見です。ペットを飼うことはお金がかかりますし、贅沢品だと思います。

我が家でも年間50万円以上のお金を愛犬1匹にかけています(娯楽費を含めると100万超)。この金額は保育園児や幼稚園児の年間養育費と同程度。私たち夫婦のように、犬を1匹飼うことで子供一人を育てることと同じくらいの金額になる場合もあります。

ペットを飼うのはお金も(時間も)必要になるので、どうしても飼いたい人はペットは金銭的に贅沢品でお金と時間を投下しなくてはならない、と理解して欲しいと思っています。

ペットを飼うことへの考え方【不同意】

両学長と違う意見としては、ペット保険の加入については考え方が異なります。

両学長のトークをまとめると、

「ペットは人間よりも寿命が短いため、年をとって病気になることが想定される。医療費がかかることは必ず起こりうることなんだから準備しておかなければならないことで、準備した人が飼うべき。」

確かに、ごもっともですよね。子供の養育費のことや自分たちの老後のことは投資や貯金をするのに、家族の一員であるペットのこととなると保険で備えようとするのはおかしいと思います。

しかし、私たちは人によってはペット保険で備えていいとも思っています。理由はペットにかかる医療費を想定している人はごく少数であり、医療費が払えないのであれば保険に頼らざるを得ないから

人間もペットも手術をしたら数万円~数十万円の費用がかかります。私たちの医療費負担はそのうちの3割。この3割でも高いと思ってしまいますよね。ペットの場合、医療費負担は10割。同じような手術をしたとしても、ペットの方が3倍以上の金銭的負担がかかります。

両学長はそのようなことを理解したうえで飼うべきと言っていて、私たちも100%同意していますが、現実問題そんなこと考えて飼う人なんて少数です。ペットが病気になって治療費が払えずに捨ててしまう飼主もいます。

そうなるくらいなら、ペット保険でもなんでも加入してペットを大切にして欲しい。飼主の人生を豊かにする生き方ではなくて、飼主のペットを豊かにする生き方を優先して欲しい!そう思ってしまいます。飼ってしまった以上は、飼主の責任をもってその命と真剣に向き合って欲しいです。

両学長と30代夫婦のペット保険への意見のまとめ

まとめ

両学長のペット保険に対する質問についての回答はこの通り。

(質問)保険に入っていないなんて、飼主としての責任はどうなんだ!?
(回答)ペット保険は不要。医療費をちゃんと貯めてから飼いましょう。それが飼主の責任。

私たちの場合はこうなります。

(質問)保険に入っていないなんて、飼主としての責任はどうなんだ!?
(回答)ペット保険でも何でもいいから入って愛犬を大切にしましょう。それが飼主の責任。

両学長は人生を豊かにする生き方・考え方・お金の知識を発信しているので、人が主体となっています。

私たちは犬が幸せにしている画像や動画を見るのが好きで、癒されています。そのような犬たちの姿を見ていたいから犬が豊かに暮らせるような内容を発信していますし、私たちと同じように犬を見ることで癒されて欲しいとも思い、シベリアンハスキーのことを発信しています。

両学長は人のために、私たちは犬のために発信しているので、スタンスの違いから少しの意見の違いはあります。ですが、気持ちは同じでペットを大切にしよう!という思いがあると思えました。

飼主はペットのために何が必要になるか考えて、愛犬を幸せにするという飼主の責任を果たしていきたいですね。

感想

両学長のような影響力のある人がペットを飼うことへの発言をしてくれて嬉しいですね。両学長も犬を飼っているからだとは思いますが、私たち夫婦同じ意見を持っていたことも嬉しかったです。

これからも毎回動画で勉強させてもらいます!(初期の頃から殆ど動画を視聴している夫婦より)

ちなみに、犬に年間どのくらいお金がかかるか気になった方はこちらの記事をどうぞ。

両学長 リベラルアーツ大学30代夫婦とハスキー犬の暮らしのYouTubeも気になった方はどうぞ。

ここまで読んで下さってありがとうございました!

その他、YouTubeTwitterInstagramでも

30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信しておりますので、

こちらも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA