ペット可賃貸物件🏠20代カップルとハスキー犬がいる暮らし🏠

皆様、こんわんわー🌃

今日の話は、とある20代カップルとハスキー犬についてです。

ペット可賃貸契約をした20代男性

昔々あるところに、(実はわりと最近)

とある1LDKのペット可物件を契約し、

恋人と連れ犬のシベリアンハスキーを迎えようとした一人の男性がいました。

1人と1匹を迎えるために、新築物件を契約。

家賃は6万円弱。

以下の希望に全て叶ったいい物件でした。

恋人と犬と住むために希望した条件

  1. 階段の上り下りがない1階(犬の足腰の負担軽減のため)
  2. 新築もしくは築年数が新しい(男性の見栄)
  3. ペット用足洗い場がある(愛犬の希望)
  4. 窓に柵がある(寝室のみ)
  5. 玄関にリードフック
  6. 住宅費が6万円程度(とある東北の金額)

このクオリティで3人(2人+1匹)、

家賃6万円弱は安かったと個人的には思ってしまいました。

ただし、敷金は通常の入居より高いです(修繕費を多く見積もるため)。

物件探しで苦労したこと

今や子供の数よりペットの数の方が多い時代。

日本の15歳未満の子供の数は約1600万人

ペットの犬の数は991万7000頭猫の数は987万4000頭

つまり、子供1600万<ペットの犬猫1979万。こちらの記事参照

需要と供給のバランスが成り立つならば。

当然、ペット可物件は多いはず

そんな期待を抱いていました。

現実、甘くない

個人的に感じたことは以下の5つ。

  1. 供給が全く追いついていない
  2. 古くて借り手がいないので、仕方なくペット可にした
  3. 小型犬のみO.K.(中型犬以上はN.G.)
  4. ペットと一緒に住んでいる人は長く居住する傾向
  5. いい条件のところは競争倍率が高い

2.は不動産屋さんが大家さんに交渉してそうするようです。

4.に関しては、ペット可物件が少ないためです。

5.はペット可物件でもペットがいなくても居住ができるためです。

ネットでは見つかりませんでした。

不動産を訪ねたら、ネットで未公開物件を運よく紹介して頂けました。

20代カップルとハスキー犬のいた暮らし

当時の様子

当時のこの頃は、引っ越しのハイシーズン。

引っ越しは男性の友人たちと恋人だけで行いました。

恋人はまだ学生。

一馬力でも恋人の家事の協力があり、幸せな暮らしを過ごしていました。

シベリアンハスキーも狭い部屋ながら、生活を気に入っているようでした。

環境

周囲には蛍もいて、散歩コースも多数。

信頼できる動物病院まで車で5分。

大型ショッピングセンターまで車で7分。

地域の中核病院まで10分。

一番のポイントは、台風被害の少ない場所(気圧変化も少ないこと)だったこと。

妻の頭痛とヴィヴィアンのてんかん発作も少なくなりました。

思い出

一番の思い出は、寝る時のこと。

ベッドの寝る場所の争いをしていました。

ロングのシングルベッド1つにカップル1組とシベリアンハスキー。

ベッドを有効活用しなければ、みんなで寝れませんでした。

今となっては、シングルベッド2つを繋げてみんなで寝ています。

以前に比べればゆったり寝れるようになりましたが、

正直に言います。

ハスキー用にもう1つシングルベッド買っておけば良かった!

シングルベッド一つ占領するシベリアンハスキー

ここまで読んで下さってありがとうございました!

その他、YouTubeTwitterInstagramでも

30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信しておりますので、

こちらも宜しくお願い致します。

では、またのブログでお会いしましょう✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA