【ペットの床滑り防止】愛犬のために床はフロアコーティングとカーペットを組み合わせることにしました

新築住宅の購入時にペット用フロアコーティングを塗布しました。通常の床よりも滑り止めの効果はありましたが、元気いっぱいなシベリアンハスキーでは滑ってしまうようです。そこで室内のサイズに合わせたカーペットを購入することにしました。

ペットの床の滑り止めにペット用フロアコーティングを施工

愛犬のために床の滑り止め対策として、ペット用フロアコーティングを施工しました。

ペット用フロアコーティングの詳細は後日紹介したいと思います。

愛犬はシベリアンハスキー。活動的で室内でも走り回ることが想定されました。

新築住宅を購入するにあたり、ペット用のフロアコーティングは是非ともやっておきたい施工でした。

ペット用フロアコーティングの感想

ペット用フロアコーティングのメリットは次の通り。

  • 滑りにくくなる
  • 防水性に優れる
  • ツヤがでる
  • 耐キズ性に優れる
  • UVカットで床が日焼けしにくい

滑りにくくなる

最も期待していたのは、床が滑りにくくなること。滑るということは愛犬の足腰に負担をかけることになります。シベリアンハスキーなど大型犬は関節疾患が多いので、対策は必須だと考えています。

実際には施工当初はほとんど滑りませんでした。愛犬も角を曲がる際にキュッとグリップが効いていて滑っている印象はありません。

ですが、3年目になると角を曲がるとツルツル滑るようになっていました。

防水性に優れる

耐水性は今でも顕在。意外と役立っているのが、この耐水性です。

愛犬が床に寝ると気持ち良さのあまりによだれが床に垂れてしまいます。水拭きする機会が多いので助かっています。

ツヤが出る

ツヤも今でも顕在。綺麗な床を保てています。

耐キズ性能に優れる

対キズ性の性能も顕在。ひっかき傷のようなものは、コーティング面だけにとどまっており、床の木材まで達していません。

UVカットで床が日焼けしにくい

日焼けしている場所もありません。

まとめ

我が家ではペット用フロアコーティングを数日間かけて施工。総額50万円ほどの費用です。

愛犬の床の滑り止めとして施工しましたが、3年目では滑り止めの機能はあまり果たせていません。ですが、それ以外で想定外の優れた機能が継続しています。

ネットでもペット用フロアコーティングの賛否は大きく分かれています。私たちとしては、ペット用フロアコーティングを施工して良かったと思います。ただし、滑り止め効果には過度の期待は禁物です。

フロアコーティングとカーペットを組み合わせる

滑るならば、滑らないようにすればいいだけです。そこで我が家ではカーペットを敷くことにしました。

以前からもカーペットは敷いていましたが、床を傷つけない目的でした。これからは愛犬の足腰を守る目的でカーペットを敷いていこうと思います。

実はもう特注サイズのカーペットを発注済みです。週末には新しいカーペットを敷いたリビングになる予定。

ヴィヴィアンの関節の負担を少しでも軽減できて、元気に過ごせるように、これからも愛犬のための環境整備をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA