【至高!】ドッグフードはHerrmann’s (ヘルマン)がおすすめできる理由

皆さんはHerrmann’s (ヘルマン)というドッグフードを知っていますか?

ヘルマンは完全無添加でオーガニックなレトルトフード。ペット先進国でオーガニック大国のドイツで作られたBio(ビオ)商品のドッグフードです。

ここまで読んで情報量の多さに困惑されたかもしれませんが、一つずつ分かりやすく解説をしていきますのでご安心ください。

また、なぜヘルマンがお薦めなのかも理系夫婦の考えをお伝えできればと思います。

ドッグフードはHerrmann’s (ヘルマン)がいい理由

ドッグフードと言えば、ヒューマングレードで無添加が常識になってきました。

そのようなドッグフードは探せば数多くありますし、その中でもどれが良いのか悩んだ経験はありませんか。

なぜHerrmann’s (ヘルマン)がいいのかというと、

  • ヒューマングレード
  • 完全無添加
  • 100%オーガニック(Bioビオ)
  • 世界で最も厳しいBio審査に合格

前述したとおり、ヒューマングレードで無添加は当たり前。現在はそんな商品でありふれています。

数十年前であれば珍しかったのかもしれませんが、2020年代に於いてはヒューマングレードで無添加なのは最低ライン。

では、何で選べばいいのか?

それは、私たち人間と同じで

①認定基準を満たしているか(認証マークがあるか)

②生産者が信頼できるか

になると思います。

認証マークがあれば、一定の基準(品質)を満たしていることになります。

ちなみに認定基準には抜け穴のようなものもあるので、見極めには注意が必要です。

そして、生産者を信頼できるかどうか。基準を満たして高く売りたいだけの人もいれば、本当に手間暇をかけて育てている人もいます。ここをどうやって見極めていくか難しい。

(後述するBiokreis(ビオクライス)を取得していれば解決)

ここまで書けば勘のいい方は気付いているかもしれません。

Herrmann’s (ヘルマン)は上記の2つを満たすのです。

Herrmann’s (ヘルマン)は、世界で最も厳しい審査基準を持つドイツのBio認定機関「Biokreis(ビオクライス)」の審査を常にクリアし続けている商品です。

Bio(ビオ)とは

Bio(ビオ)とはドイツ語で「有機的な」という意味で、英語のオーガニックと同じです。

Bio(ビオ)はEU有機農業規則で厳しく定められており、100%有機の原材料から作られた無添加オーガニックを証明してくれています。

安心安全の商品を保証するマークにBio(ビオ)の認証マークが付きます。

Bio(ビオ)の基本5原則

  1. 環境の保全:化学農薬・費用を使わず、自然環境(水・土・空気)を保全する
  2. 健康な生活:保存料・着色料を可能な限り減らす
  3. 自然との共生:動植物を保全する
  4. 身土不二:適地適作・地産地消を行う
  5. 健全な社会:人種差別のない社会の実現をする

Bio(ビオ)商品は「この商品の原材料の動物たちは正当に扱われたという証」であり、私たちや愛犬が安心して口にすることが出来るものだということです。

Herrmann’s(ヘルマン)完全無添加・オーガニックドッグフードより

Biokreis(ビオクライス)を取得するHerrmann’s (ヘルマン)

Biokreis(ビオクライス)は世界で最も厳しい審査基準を設定しているドイツの審査機関。


有機原料が使われているかだけでなく、 原料となる動物たちの暮らしや権利、農場や生産現場で働く人の労働条件が適正かどうかまで厳しい審査に合格した印です。

生産者の労働条件まで踏み込んでいるのは、さすがオーガニック大国ドイツですね。


また多くのオーガニック認証団体が条件付きで使用を認めている合成添加物の使用についても、
Biokreis(ビオクライス) では一切認めていないほど審査が厳しいのも特徴。

オーガニックの中でも100%オーガニックのものでなければBiokreis(ビオクライス)は認可されないようです。

そのような「Biokreis(ビオクライス)」の審査を常にクリアし続けるHerrmann’s (ヘルマン)は原材料からしっかり管理されて安心安全ということですね。

Herrmann’s(ヘルマン)完全無添加・オーガニックドッグフードより

Herrmann’s (ヘルマン)は種類が豊富

Herrmann’s (ヘルマン)は種類が豊富。上記以外にもラビット・ゴート・マトン・ダック・ターキーなど多数の品揃え。

一つの袋の中に1種類の素材が入っているピュアシリーズは、アレルギーが多い犬にも安心して与えることができます。

Herrmann’s (ヘルマン)のデメリット

正直に言って高いです。

高級ドッグフードのブッチですら100g125円程ですが、Herrmann’s (ヘルマン)は100g300円を超えます。

Herrmann’s (ヘルマン)のおすすめの与え方

Herrmann’s (ヘルマン)は高価なので、ドライフードにトッピングして与えるのが簡単でお薦めです。

余った分は冷蔵庫や冷凍庫で保管することもできるようですが、無添加なため早目に消費した方が良さそうですね。

最後に

Herrmann’s (ヘルマン)は至高のドッグフードですが、金額が高いといったデメリットもあります。

我が家では食欲がない時の非常食としてや愛犬へのご褒美としてストックしています。

いいものを愛犬に与えてたい!最高のドッグフードを食べさせてあげたい!

そういった方にお勧めできます。是非興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA