【那須高原】シベリアンハスキーと行く那須の旅

「愛犬と過ごす夏は涼しい避暑地で過ごしたい!」

夏に愛犬を連れて旅行をするには避暑地に行くしかありませんよね。

……ということで、愛犬のシベリアンハスキーを連れて那須高原のあたりを散策してきました。今回は過去に紹介した訪れた場所で起こった出来事をメインに書いていこうと思います。

Cafe Peache(カフェ・ピーチェ)

車を走らせて那須にやってきた30代夫婦とシベリアンハスキー。本日のお目当てはドッグカフェ&遊んで帰ること。

15時半、腹ごしらえのためにドッグカフェを訪れました。この日は暑かったので、夕方からの出動。

カフェ・ピーチェを訪れました。初めての来店。雑誌によく取り上げられる言わずと知れたドッグカフェです。

▽詳細情報はこちらの記事からどうぞ▽

リードが短くて怒るシベリアンハスキー

実はヴィヴィアン、ドッグカフェでご飯を食べるまでお喋りしていました(たまに吠えたりもしていました)。

理由はご飯が待てなかったのと、着用していたのリードが短くて自由に動けなかったから。

那須に一張羅のリードで来たのですが、このリードが短い。方向転換もできなかったので、普段からフリーでお留守番しているヴィヴィアンからすればストレスだったようです。完全にやらかしました……。

しかし、自身のご飯が出てくると態度が一変します。

さっきまでの騒がしいハスキーはどこへやら。馬肉に集中し過ぎてお喋りすることを忘れていましたね。馬肉を食べられるなら、リードの短さは気にならないそうです。食べ終わったら、お喋り再開していました。正直、他にお客さんがいなくて助かりました~。

次回は少し長めの伸縮性の高いリードで行こうと反省した夫婦。ドッグカフェでは大型犬(中型犬)はリードフックに繋ぐことを想定しておかなければなりませんよね。短いリードは犬の操作性は良くなりますが、ドッグカフェには向かないという教訓を得た夫婦なのでした。

丁度良い広さのドッグラン

併設するミニドッグランで凝り固まった身体を動かすヴィヴィアン。リードが短く、車内移動でヴィヴィアンの身体はバキバキに……。

ドッグランではストレスを発散させるようにマーキング&走っていました。その後ろを付けて歩き、如雨露でマーキングした場所を流す夫婦。意外とシュールな絵面でしたので、今後YouTubeで公開したいと思います。

ミニドッグランと言っても、ヴィヴィアンが走り回っても狭く感じさせないほどの広さがあります。食事の前後で愛犬を遊ばせるのに本当にちょうどいい広さです。

那須高原 南ヶ丘牧場

お腹を満たした我が家が次に向かったのは、無料で遊べる南ヶ丘牧場。到着した時間は閉園30分前でした。いつもは多くの観光客でごった返していますが、流石に閉園間際は空いていました。

牧場の動物を愛犬に見せることができるため、愛犬家には人気のスポット。立地も良く、ついでに寄りやすいのも人気の理由かもしれません。

▽南ヶ丘牧場の詳細情報▽

ヴィヴィアンが狼に間違われた?話

南ヶ丘牧場には牧場の看板犬のチャッピー君がいます。そんなチャッピー君が散歩していると、アイスクリームを飼うために並んでいたシベリアンハスキーを目撃。突如、ヴィヴィアンめがけて走りだしました。

急にリードを引っぱられた女性の飼育スタッフが転倒!これはマズイと思い、とっさに愛犬を後ろに隠す夫!犬を守って噛まれたことがふと脳裏に過りました。

しかし、チャッピー君のリードを転倒しても離さなかった飼育スタッフさん。本当にありがとうございました!かっこ良かったです!

その後、スッと熱が冷めたチャッピー君はお散歩クン活に戻っていきました。ヴィヴィアンを見て興奮しちゃったのかもしれません。

チャッピー君が興奮してしまった理由を考えてみました。

  1. お友達だと思って挨拶に来た
  2. 羊を食べに来た狼だと間違われた?

私の結論は、①です。

理由はヴィヴィアンに近づけないと分かると、チャッピー君は何事もなかったように散歩に戻っていきました。吠えられたりはしていません。同じ中型犬に会えて嬉しかったのかもしれませんね。

馬たちを見つめるシベリアンハスキー。小さい子供からはよく狼と言われるヴィヴィアン。みる子供がみれば、獲物を狙っている狼にも見られちゃうかもしれませんね。

この日は閉園間際だったため動物たちを遠目にしか見ることしかできませんでした。ヴィヴィアンも興味深く見つめていたので、今度はもう少し近くで動物たちを見せてあげたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA