❄真冬❄犬の散歩⛄

皆さん、こんわんわー🌃

今日の内容は真冬の犬の散歩についてです❄

主人公はシベリアンハスキーのヴィヴィアンです。

寒いのが得意な犬の話になります。

犬にとってのお散歩

最近、寒さが増してきています。

散歩の時間が減ったり、頻度が落ちてはいませんか?

我が家のシベリアンハスキーは、

朝夕になるとそわそわし始めます。

散歩に行きたいシベリアンハスキー

時には、飼主の袖を引っ張ったり、

『ねぇねぇ』と前足でガリっとされます。

(痛みで飼主苦悶の表情)

それもそのはず、お散歩の時間ですから。

我が家のハスキー犬のルーチンは、

  1. 朝んぽ
  2. 朝ごはん
  3. 昼寝
  4. 夜んぽ
  5. 晩ごはん
  6. 睡眠

のループとなります。

楽しみと言ったら美味しいご飯お散歩です。

食欲とお散歩欲は犬であれば当然の欲求かなぁーと。

雷・台風以外は毎日お散歩に行きます。

ヴィヴィアンの裏・散歩事情

ヴィヴィアンは室内ではトイレをしません。

室外でのみトイレをします。

庭やお散歩でトイレを済ませるので、散歩が欠かせません。

ちなみに室内でのみトイレをする犬も一定数。

双方でトイレができると良いですよね。

実家の頃は室内でもしていましたが、

アパート時代からずっとお外でしかしません。

現在はお腹が痛いときだけ、室内のトイレコーナーを利用。

お部屋を汚したくない&汚されたくない気持ちが強いようです。

ハスキーの防寒対策

人間は肌を外気に晒さない工夫をする

シベリアンハスキーに防寒対策は必要ありません。

極寒の地でそり犬として活躍してきたハスキー犬は

柔らかく密なアンダーコート(保温性)

滑らかなオーバーコート(撥水性)ダブルコートのモフモフ仕様。

寒さはへっちゃら。

むしろ、寒くなればなるほどハスキーは元気百倍。

人間は外気に晒される顔などが痛くなり、帰りたくなることもしばしば。

帰りたい人間と散歩したいシベリアンハスキーの戦いが勃発します。

暖かい時間帯を狙って散歩するのが良いと思います。

極寒散歩、いいこともある!

極寒の中で散歩する犬は少数。

小型犬など散歩をあまり必要としない犬種は

暖かい室内で運動を賄うこともできます。

シベリアンハスキーなど運動量が豊富な犬は

毎日の散歩が必要になります。

そんな極寒の散歩でも、いいこともあります。

今の季節にしか出会えないものが……

白鳥とシベリアンハスキー

白鳥です。

この季節の風物詩。

いつ見ても惚れ惚れします。

観察していると……

逆立ちになりエサを探す白鳥

初めて白鳥のお尻を見てしまいました😱

優雅な白鳥もこんな姿を見せるんですね。

ちょっと可愛くて夫婦二人で盛り上がりました。

新しい発見もあった、極寒散歩でした。

ここまで読んで下さってありがとうございました!

その他、YouTubeTwitterInstagramでも

30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信しておりますので、

こちらも宜しくお願い致します。

では、またのブログでお会いしましょう✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA