シベリアンハスキーの尻尾は季節によって違いが出る!……ことがある!(笑)

こんにちわん!VivienneHuskyです~。

今回のタイトルはちょっと(いや、かなり)意味不明なもので申し訳ございません。

シベリアンハスキーの尻尾なんですが、季節によって違いが出る!……ことがあるんです。

なんのこっちゃ?となってしまう方が多いので、早速本題に入っていこうと思います。

今日もまったりとお付き合いくださいませ。

シベリアンハスキーの被毛の変化

真夏も過ぎた頃に換毛期を迎えたヴィヴィアン。換毛期は数週間続きました。

換毛期が終わる頃に、お気に入りのトリミングサロンでシャンプーをしたヴィヴィアン。

被毛はだいぶ抜けていましたが、シャンプーでも大量に抜けたようです。

冬被毛のモフモフモコモコから、夏被毛のモフモフフワフワに変化。

特に大きな変化が見られるのは、尻尾です。

実際に見て頂いた方が分かりやすいと思うので、夏用と冬用被毛を貼りますね。

冬被毛の尻尾

太くて凛々しいモコモコな尻尾

先ずは冬被毛の尻尾。太く凛々しい尻尾ですよね。

季節は夏ですが、家の中で飼育されているハスキー達は冬被毛のまま。涼しい室内で暮らすハスキー達の換毛期は7~8月(南東北地方)。

夏なのに冬被毛……紛らわしいですね。

夏被毛の尻尾

細くてふわふわな尻尾

夏用被毛の尻尾。右がヴィヴィアンの尻尾ですが、先程と様子がおかしいゾ……。

ふわふわしていているが、尻尾にくびれはなく、ちょっと貧相……(笑)

そう、換毛期を迎えたヴィヴィアンの体で最も変化する部分。それが尻尾です。

シベリアンハスキー全員が尻尾が細く、貧相になるわけではありません。

ヴィヴィアンの姉:ルビーの太くてふさふさな尻尾

どうやら一部のハスキーだけ尻尾が細くなるようです。ヴィヴィアンは毎年細くなりますが、母犬や兄弟たちはそこまで細くなりません。

夏の換毛期にヴィヴィアンだけ尻尾が細くなってしまう理由は不明ですが、涼しげでいいのかな?

9月に入ったことで換毛期の終わりを迎えたヴィヴィアン。数ヶ月後にはまた冬被毛に戻ってしまいます。

短い期間ですが、涼しげな夏被毛の愛犬を満喫したいと思います。

シベリアンハスキーの尻尾は季節によって違いが出る!……ことがある!(笑)

ではまた明日~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA