東北自動車道の長者原サービスエリア(下り)で愛犬と食事

こんにちはー!

妻と結婚したらシベリアンハスキーも付いて来た!30代夫のRayです!

今回の内容は、「青森旅行編」について書いていきます!

寒さが厳しくなってきたこの頃。素敵な出会いを求めて青森県へ!

青森県が誇る雄大な「奥入瀬渓流」や美味しい「林檎」を求めて30代夫婦とハスキー犬で旅をしてきました。

本日からは、その時の頃を振り返って書いて行きますので、宜しくお願い致します!

長者原SAには無料ドッグランが併設!必ず立ち寄ろう!

早朝6時。

私たちは、「青森県」を目指して、東北自動車道(下り)を快速に走っていました。

東北の玄関である福島県に入ると、「車も少ない」「直線が多い」ことから運転しやすい。

ちなみに、関東から東北地方に入ると、

「ドッグラン付きのサービスエリア(SA)」

宮城県仙台市から更に上の「長者原SA」しかありません。

「ペットの休憩」や「食事」などに適した「大型のサービスエリア」になりますので、

仙台市より上の東北に行きたい際には、是非立ち寄りたい!サービスエリアです。

ちなみに、ドッグランは「小型犬用」と「小型犬~大型犬用(全犬種)」に別れており、広々とした作りになっています。

▽詳しくはこちら▽

私たちも青森県や岩手県、北海道旅行の際には、必ず立ち寄るサービスエリアになります。

最大の理由は、ドッグラン併設のサービスエリアが東北には1ヶ所だけだから!

関東から東北に遊びに行く際(東北自動車道下り)には、

「那須高原SA」・「長者原SA」しかドッグランが併設されていないので、寄ることをお薦めします。

愛犬のトイレ休憩だけではなく、「東北の環境(気温)に慣らす」意味でも立ち寄りたいですね!

長者原SAで愛犬と食事を楽しむ

「長者原SA」には、ペットを連れての入店はできません。

ペットを連れて食事をしたければ、「外のベンチ」や「展望広場」などで食事をする必要があります。

我が家も「展望広場のベンチ」をお借りして、朝食を採ることにしました。

ちなみに、犬に朝食を与えたいと考えているのであれば、「長者原SA」には犬用メニューは無いため、「犬用おやつ」を購入するか、自宅で調理したものを持ってくる必要があります。

私たちは、家でグリルした「鶏胸肉」「ブロッコリー」「人参」をタッパーに詰めて持参。

その場でキッチンバサミで一口サイズに切り、与えました。

「展望広場のベンチ」は車道からも離れた自然豊かな場所にあるので、大自然のハイキングみたいで楽しいですよ!

愛犬に朝食を与えたところで、私たち人間のご飯タイム。

朝の8時ごろ。お腹も空いてくる時間ですよね!

宮城県と言えば……「牛タン」!!

ということで、「牛タン弁当」を購入して頂くことに。

そして、なんと!嬉しいことに、

朝の8時にも関わらず、「牛タン」を焼いて提供してくれるんです!

炭火で焼かれた牛タンは、美味しかったです!

気温が低かったので、牛タンの温かさが最高でした!!

飲み物は「飲むヨーグルト」と「ホットコーヒー」をチョイス。

自然の中で味わうドリンクも美味しかった!

寒い時には「ホットコーヒー」がお薦めです。

途中で休憩することで、リフレッシュできました。

ヴィヴィアンも、「運動できたこと」と「お腹も満足」したので、大人しく寝ていました。

ここから更に宮城県を北上し、岩手県を横断して青森県に向かいます。

道のりはかなり長いのですが、期待に胸が踊りますね!

次回に続きます!

▽お薦めの牛タン▽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA