2匹のハスキー犬を1人で散歩させる必要装備

こんにちはー!

1週間だけ「シベリアンハスキーの多頭飼い」をしている!30代共働き夫婦です。

私たちは、「仕事の時間が夫婦で違う」・「仕事のある日は時間がない」ので……

1人で2匹を同時に散歩に連れて行きます。

「夫」だけではなく、「妻」の方も1人で2匹のシベリアンハスキーを散歩させています。

妻

気を付けるポイントを抑えれば、女性でも大丈夫!

理想としては安全性を考慮して1人1匹としたい所です。

時間がないので同時に連れて行きますが、1人1匹の時よりリスクを背負う必要があります。

その原因としては、「安全面」に不安があったり、「予想外の出来事」に対応しにくいため。

牽引力が強いハスキーだからこその悩みですよね。

「多頭飼いを検討している方」や「ハスキーの散歩に不安がある方」は参考にしていただければ幸いです。

それでは宜しくお願い致します!

2匹のハスキー犬を1人で散歩させるポイント!

滑り止め対策

シベリアンハスキーは「牽引力が強い」ので、飼い主側の「滑り止めグッズ」が必須です。

我が家では、コチラの滑り止めグッズを利用しています。

  • トレッキングシューズ
  • 手袋

数匹のシベリアンハスキーと散歩する際には滑り止め対策が必死。

特に、冬場は「靴」と「手袋」は必須アイテムです。

一番大切なのは「靴」

踏ん張りが利かない靴では、「転倒のリスク」や「引っ張られたことによる飛び出しでの事故」など怪我の危険性が高いです。

「手袋」は滑り止めが付いたものがお薦め。

特に、冬場は「防寒対策」と「転倒時の怪我の予防」になります。

夫

毎日の散歩は快適に行いたいですよね

この2つは必ず持っておいて損はないですから、良質な物を購入した方がいいと思います。

すっぽ抜け防止のダブルリード

多頭飼いが最も恐れていることは、散歩中に脱走されることです。

シベリアンハスキーは「帰巣本能」が乏しく、「好奇心旺盛」な子が多いです。

脱走したら一目散に走り去ってしまう……なんてことも。

きちんと「ターン(戻れ)」や「ウェイト(待て)」が出来ればいいのですが、猫などを前にした時にも言うことをきくことができるハスキーは少ないでしょう。

ハスキーズ
ハスキーズ

私たちは、絶対無理ね!

という事で、散歩中に脱走されないようにする工夫が必要になります。

すっぽ抜け防止に有効とされているのが、「ダブルリード」

「首輪」+「リード」「ハーネス」+「リード」の2段構えの構成。

リードを2本持つ必要が出てしまいますが、安全性は最も高い最強の組み合わせになります。

「ハーネス」+「リード」だけでもいいのでは?

妻

ハーネスでも、すっぽ抜けることがあります。

操作性も悪いので、理想は「ダブルリード」

我が一族のハスキーズはみんな「ユリウスK9」のハーネスを持っています。

丈夫で安定感があっていいのですが、装着する時に、少し嫌がります。

身体を固定されるのが嫌な子もいると思うので、そこは自身のワンちゃんと要相談です。

固定する場所(当たる部位)がハーネスによって若干違うので、ハーネスが苦手な子は色んな種類を試してもいいと思います。

あとがき

今回は必要な装備について紹介してきました。

実際に散歩では、「歩かせ方」を工夫する必要があります。

サラッと触れておくと、

狭い場所では2匹をくっつけるように並べて歩かせています。

そうすることで、フラフラせずに前を向いて進むようになります。

また、「クン活」する場所では行動しやすいように2匹を離したりしています。

自由に動く時間を設けてあげるのも大切だと思っています。

たまに、手が左右に引っ張られて引きちぎられそうになりますが……(笑)

結論、シベリアンハスキー複数頭を1人が散歩させるのは、難易度が高い!

「ハスキー初心者」や「力が弱い方」は止めた方がいいです。

どうしても1人が複数のハスキーを散歩させる際には、万全を期して散歩に向かいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA