栃木県護國神社を愛犬と散策!ウナギが食べられずに、へそを曲げたハスキー犬

ウナギの恨みは恐ろしい……

Ray

こんにちはー!ハスキー犬のいる暮らしのRay@VivienneHuskyです。

「食べ物の恨み」って恐ろしいですよね。

でもそれって、人間だけの話だと思っていませんか?

実は、犬にも食べ物の恨みがあるようです……

本日はそんなお話になります。

なお、話は前回の記事の続きとなっています。前編がまだな方はコチラからお読みいただけると、話が分かると思います。

栃木県護國神社を愛犬と散策!

甲子園名門校、作新学院から徒歩数分。道を挟んで隣にある栃木県護国神社。

靖国神社や各地の護国神社同様に、国家公共に尽くした英霊を祀り、世界の繫栄と平和、幸福を祈る神社です。

INFO
  • 場所:栃木縣護國神社
  • 住所:〒320-0063 栃木県宇都宮市陽西町1−37
  • 電話:028-622-3180
  • 駐車:無料専用駐車場あり

駐車場には日陰になる場所もあり、参道では木々が生い茂っているので、涼しげです。

広さは十分にあるので、少し愛犬を外に出して休憩するのに向いています。

しっかり散歩させようとすると、シベリアンハスキーなどの運動量豊富な犬種にとっては物足りないと思います。

駐車場周辺を歩いていると、梅の花が咲いていました。

モフモフ地方と比べて少し早い開花。

春の訪れを感じます。

続いて参道を散策するヴィヴィアン。

砂利道になっていて、周囲も大きな木に囲まれており、神聖な雰囲気があります。

感染症対策のためか、手水舎には水が入っておらず、柄杓もありませんでした。

歩ける場所が多く、ヴィヴィアンも楽しそうにしておりました。

護国神社の駐車場は、「うなぎや」の駐車場も兼ねているので、うなぎを食べた後に散策してもいいかもしれません。

日本の「食」と「文化」に触れられると思います。

ウナギが食べられずに、へそを曲げたハスキー犬

護国神社に車を停めて、「うなぎや」まで散歩をしたヴィヴィアン。

うなぎを焼く甘いような匂いに、「うなぎや」の玄関前から動かなくなってしまいました。

ヴィヴィアン

今日のランチはうなぎの白焼きだな!

どうやら、ウナギの白焼きが食べたかったようで、楽しみにしていたようでした。

甥っ子の卒園祝いに気をとられていた!ヴィヴィアンだけに白焼きを買うことが出来ない(あと4匹のハスキーが可哀想)ことからヴィヴィアンはウナギを食べることができませんでした。

そのことによって、ハスキー犬、へそを曲げ始めます

実家に帰り、ヴィヴィアンを車から降ろそうとすると……まさかの下車拒否!

大好きな「サツマイモパン」で釣っても全然降りようとしません。

ウナギが食べられなかったことで、完全にへそを曲げてしまいました。

結局この日はヴィヴィアンだけ実家に入らずに、車の中で待機。

シベリアンハスキーは頑固な性格と言いますが、まさに頑固な一面でしょう。

皆さんも食べ物の恨みには気を付けて下さいね!

ということで、今日の記事を終えたいと思います。

以上、Ray@VivienneHuskyでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA