福島県沖でM7.4の地震!震度5強に襲われた時のハスキー犬の行動

地震のあとは、不安になるハスキー犬。

Ray

こんにちはー!ハスキー犬のいる暮らしのRay@VivienneHuskyです。

2022年3月16日午後11時36分ごろ、宮城県と福島県で震度6強を観測した地震がありました。

私たちの住んでいるモフモフ地方も震度5強と大きな揺れに襲われました。

今回は愛犬のとった行動について書いていこうと思います。

震度5強に襲われた時のハスキー犬の行動

2階の寝室で夫婦とハスキー犬は寝ていました。

すると、スマホから警報が鳴り響き、大きな揺れが起こりました。

ヴィヴィアンも地震の前にスマホが鳴ると覚えていたのか、辺りをきょろきょろ見渡していました。

揺れていた時間は長く感じました。数分くらい揺れていたと思います。

被害状況

揺れが収まってから、自宅の被害状況と職場状況を確認しました。

職場で人手が必要な場合は駆け付ける必要があります。

我が家は、使用していないテレビが倒れただけで、被害はなし。一安心です。

前回の揺れでは倒れなかったので、横揺れの大きな地震だったのでしょうか?

いずれにしても、倒れないようにする対策が必要ですね。

食器棚が空いたり、花瓶が倒れたりしましたが、落下して破損することはありませんでした。

前回はワイングラスなどの食器が大分犠牲になりましたが、今回は無傷で助かりました。

小さな花瓶は倒れましたが、大きな花瓶が倒れずに済んだのは幸いでした。

ハスキー犬の行動

ここからはヴィヴィアンの実際の行動を書いていこうと思います。

本震の最中に2階から1階に降りて行きました。

夫婦は本震が収まるまで待っていましたが、降りていくハスキーに向かって戻ってくるように声を掛けました。

一向に戻らず、怪我をしないか不安でした

揺れが収まり、夫婦そろって急いで1階へ。

2階の揺れが嫌だったようで、1階に降りてクッションの上に伏せていました。

取り敢えず、怪我などはしていないようで安心しました。

ヴィヴィアン

……。

一通り室内を確認した後には日付が変わっていました。

2階に戻って寝ようとすると、ヴィヴィアンはずっとソワソワ。

どうやら揺れが少ない1階で寝たいようです。

その後も1階でソワソワしたり、庭のドッグランで遠くを見ていたり落ち着かない様子。

その度に撫でたり、声を掛けていました。

ソファーでゴロゴロしながら、愛犬の様子を見守る夫。

ヴィヴィアンも目を開けて、眠ろうとしませんでした。

地震で不安になってしまったのでしょう。

深夜2時ごろ、やっと夫の足元で寝始めたのを確認。

夫もそのまま眠りにつきました。

まとめ

地震が起きてから数時間はソワソワするようです。

停電はしませんでしたが、寝室などに懐中電灯も用意しておくとなお良いでしょう。

飼い主は地震の安全を確保し、愛犬に寄り添うようにしましょう。

不安な気持ちは一緒ですし、そばにいてあげることが大切なんだと思います。

以上、Ray@VivienneHuskyでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA