春の陽気から一転!雪に戸惑いながらも楽しんだハスキー犬

季節の変わり目の雪に冬を思い出したハスキー犬

Ray

こんにちはー!ハスキー犬のいる暮らしのRay@VivienneHuskyです。

3月に入ってから暖かい陽気に包まれていたのに……

22日は関東地方から東北南部にかけて大雪になりました。

除雪するための道具は片付けてしまいましたし、

Ray

どうせ3月に降る雪……

すぐ溶けるだろう

そんなことを思い、職場に向かいました。

朝から降り続いた雪は昼過ぎまで降り続け……

帰って来ると、だいぶ積もっていました(笑)

前日と比べると、気温差10℃以上。

我が家のシベリアンハスキーも呆然と外のドッグランを眺めていました。

室内外の寒暖差が激しいためか、なかなか外に出ようとしないヴィヴィアン。

足が濡れるのが嫌!という理由もあるとは思いますが、外をキョロキョロ見渡して現状把握をしていました。

状況把握を終えると、のそのそと外に出てトイレを済ませるヴィヴィアン。

その後、ドッグランをゆっくりとクン活をしながら1周していました。

一応、異常がないか点検している?

ヴィヴィアンの踵くらいまで雪が積もっていました。

いつもよりも足を上げての移動。

雪で濡れないように歩くシベリアンハスキー。

どうやら繊細なようです。

室内に入ると、

Vivienne

寒かった~

と言わんがばかりに、膝掛けの上でゴロンしていました。

帰宅中の柴犬ちゃんは元気に雪の中を駆け回っていたのに、わがやのシベリアンときたら……(笑)

その後、散歩では楽しそうに走っていたので、一安心。

雪が好きなのか、嫌いなのか、分かりにくいヴィヴィアンなのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA