大型犬のシャンプー!ハスキー犬はトリミングサロンがおすすめ!

犬のシャンプーは定期的に実施することで、

身体の皮膚などのトラブル防止に有効です。

我が家のシベリアンハスキーも定期的にシャンプーに行きます。

自宅でシャンプーをしなくなった理由も含めて紹介していきます。

犬の臭いの原因

犬の体臭の原因はアポクリン腺から出る皮脂成分

この皮脂成分を皮膚常在菌が分解・酸化することで、

におい(獣臭)が発生しています。

犬の場合、アポクリン腺は全身にあります。

(アポクリン腺は人間の脇の下など一部に存在)

そのため、体臭が強くなることがあります。

定期的にシャンプーをすることで、

古い皮質や汚れ、ダニやカビを取り除くことで

身体の皮膚などのトラブルを予防できます。

シャンプーされてさっぱりしたシベリアンハスキー

犬のシャンプーの頻度

犬のシャンプーは月に1~2回が理想的と言われています。

私としては、ちょっと多すぎない?という感想。

理由は、シベリアンハスキーは体臭の少ない犬種だから。

実際に1ヶ月経過してもあまり臭いはしません。

(シャンプーの匂いが若干残っている程度)

1.5ヶ月経過したころから犬っぽい臭いがします。

妻は好き好んで嗅いでいるので、臭いという感じではありません。

月1回シャンプーしていた時もありましたが、

シャンプー後は乾燥するため、少し痒そうにします。

頻度が多いと、必要な油分や身体のにおいまで落としてしまい、

皮膚トラブルやストレスになることもあります。

そこで我が家は以下のペースでシャンプーをしています。

  • 夏場:1.8ヶ月
  • 冬場:2.0ヶ月

愛犬の状態に合わせてシャンプーするのがいいと思います。

飼い主自身がシャンプー?トリミングサロン?

我が家は、トリミングサロンを利用しています。

飼い主自身でシャンプーしてあげたこともあります。

シベリアンハスキーの飼い主として、正直に言います。

トリミングサロンが、おすすめです。

トリミングサロンのメリットが、

  1. プロにお願いできる(プロの中でも上手な人にお願いしましょう)
  2. シャンプーに爪切り・耳掃除・足裏カット・肛門腺絞りが含まれる(別料金な場合も)
  3. 歯磨きをやってくれる場所もある(別料金)

爪切り・耳掃除・足裏カット・肛門腺絞り・肛門まわりカットも含めて1万円程。

あらゆる健康管理サービスが含まれていることになります。

2時間のシャンプーに人員2名でこの値段設定。

つまり、費用対効果が高いんです。

シベリアンハスキーの金額設定はほかの犬種に比べて安すぎます。

(個人的な感想です)

安くて、早くて、安心。

シベリアンハスキーのシャンプーは乾燥がヤバい

シベリアンハスキーはダブルコートなので、

本当に、乾燥に時間がかかります。

  • トリミングサロン:複数のペットドライヤーで1時間程度
  • 自宅でシャンプー:1個の人間用ドライヤーで3時間程度
ヴィヴィアン行きつけのトリミングサロンにはペットドライヤーが3台

人間用ドライヤーは温風は使えません。

暑すぎて、シベリアンハスキーにストレスを与えてしまいます。

また、乾燥させながらブラッシングが必要。

自分でやると、相当大変です。

自宅なら、ペットドライヤーを購入した方がいいと思います。

ちなみに、トリミングサロンのデメリットとしては、

  • ハスキーのシャンプーはトリマー1人では大変
  • 信頼できるトリマーを見つけるまで愛犬のストレス

我が家は、トリマーに獣医と同じくらいの信頼を持って預けています。

犬に刃物を向けられる職業は、獣医とトリマーのみ。

犬も信頼して自分自身をシャンプーさせているのだと思っています。

まとめ

シベリアンハスキーのシャンプーはトリミングサロンがおすすめ。

1~2ヶ月に一度のペースでトリミングサロンへ行き、

1万円程度でシャンプーやその他のサービスを受けると良いと思います。

シャンプー以外のサービスも愛犬の健康管理に役立ちます。

飼い主自身でシャンプーする場合は、乾燥に時間がかかるので、

愛犬にストレスを与え過ぎないように注意しましょう。

次の記事でシャンプーの様子を実際の紹介します

ここまで読んで下さってありがとうございました!

その他、YouTubeTwitterInstagramでも

30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信しておりますので、

こちらも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA