30代共働き夫婦。シベリアンハスキーの散歩は、1日2時間!

シベリアンハスキーの散歩は最低1時間、できれば2時間程度と言われています。

これは、シベリアンハスキーの年齢や季節により変わってきます。

年齢によって、散歩時間を長くしたり、短くする必要があります。

季節によっては、時間をずらして場所を変えて散歩に連れて行く必要があります。

共働き夫婦の散歩事情

我が家は、30代共働き夫婦とシベリアンハスキーの3人家族。

それでも、ほぼ毎日シベリアンハスキーの散歩は1日2時間ほど行っています。

朝1時間、夜(夕方)1時間程度。

どのように1日2時間のお散歩しているのか、散歩のタイムスケジュールをご紹介します。

平日と休日で散歩に違いがあります。

平日のシベリアンハスキーの散歩

朝の散歩が担当。

時間は8時~8時45分の1時間45分ほど。

9時にハスキーのご飯を作り、9時半までに出社。

夜の散歩が担当。

時間は18時~19時の1時間ほど。

17時(5時)ダッシュを決めて帰宅。

合計:1時間45分

共働き夫婦ですが、勤務の出社・退勤時間が違うことを利用しています。

朝は出社時間が遅い妻・夜は退勤時間が早い夫が担当します。

忙しい平日でも、お互いの時間を愛犬の散歩に使い、散歩時間を確保しています。

夫婦がそれぞれ1時間ずつ散歩に行く。運動不足やストレス解消に丁度いい。

休日のシベリアンハスキーの散歩

夫婦そろって、朝と夕方両方の散歩に行きます。

朝1時間、夕方1時間の合計:2時間

夕方の散歩は日が落ちる前に帰って来れるように計算しています。

時間にゆとりがある休日は、1回の散歩に1時間以上かけることも多々あります。

また、以下のような外出先で散歩をすることもあります。

  • アウトレット
  • ドッグラン
  • 公園

お出掛け先を散策することで、平日では味わえない新しい発見に出会えます。

ついでに、美味しいものを食べたり、ショッピングを楽しんだりしています。

夫婦とハスキーみんなで2時間ほど散歩をする。色んな場所を楽しむ。

散歩は年齢や季節により変わる

散歩は年齢や季節、天候により臨機応変に対応していく必要があります。

年齢に関しては、

生後2ヶ月までは股関節が安定しないので、控える。

老犬で足腰が弱っている場合は、無理をさせない程度に運動させる。

季節に関しては、

春や秋は、過ごしやすい季節。暑すぎない時間帯に散歩。

夏は、朝の早い時間と、日が沈んだ後の涼しい時間に散歩。

冬は、ハスキーの季節。いつでも散歩に行きましょう。

天候に関して、我が家では、

雨の日は、レインコートを着て散歩。

雪の日は、影響なし。

強風の日は、気を付けて。

雷の日は、散歩は中断。(自宅のドッグランのみ)

シベリアンハスキーとの散歩で思うこと

愛犬にとって散歩は、ストレス解消や健康の維持など、無くてはならない大切な行為です。

愛犬に限らず、人間にとっても同様の効果を得ることができます。

散歩は、人間と犬どちらにも必要な行為。

シベリアンハスキーの場合は多くの運動量を求められます。

毎日1時間から2時間の散歩が大変に思われる方もいるかもしれません。

ですが、ハスキーがいることで、散歩が習慣化し、健康を保つことができます。

体重も20代から変わっていません。

なにより、愛犬が散歩を楽しんでいるのを見ながら、散歩することが大好きです。

一緒に歩いた分だけ、幸せなワンダフルライフを送れると思っています。

ここまで読んで下さってありがとうございました!

その他、YouTubeTwitterInstagramでも

30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信しておりますので、

こちらも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA