犬の悲鳴のような鳴き声!愛犬の首・肩の痛みで動物病院へ

愛犬が悲鳴のような鳴き声を出してから、愛犬の動きが悪くなりました。

動物病院に連れて行くと、肩関節周囲炎との診断。

鎮痛剤を飲みながら、2週間の絶対安静で症状が改善。

その時のことを振り返っていきます。

犬の悲鳴のような鳴き声

急に、悲鳴のような鳴き声を愛犬が出しました。

声の主は大型犬のシベリアンハスキー。

今までで聞いたことがないような悲痛な声でした。

その時の様子は、

  • 悲鳴のような鳴き声
  • その場で固まって動かない
  • 首を前に出し、頭が上がらない
  • 階段などの段差が登れない
  • ぎこちない動き
  • 動きたがらない

どうやら、首や肩をある角度に動かすと痛みが出るようでした。

変わり果てた愛犬の辛そうな様子が見るに堪えず、動物病院を受診させることにしました。

動物病院(整形外来)受診

行きつけの動物病院を受診しました。

整形外科の先生がいる動物病院です。

動物病院に着いてからは、だいぶ首もあがるようになっていました。

  • 視触診
  • 血液検査
  • 単純X線撮影(レントゲン検査)

視触診では、頸椎と肩関節を中心に確認していました。

右肩を動かすと嫌がって、可動域(動かせる範囲)に差が見られました。

健康診断や炎症反応も兼ねて、私の方から血液検査もお願いしました。

レントゲン撮影は頸椎・胸椎・肩関節を撮影。

レントゲン写真上は、左右差は無し。

総合的に考えて、

関節不安定もしくは、上腕二頭筋腱の石灰化とのこと。

関節がゆるくなって首や肩などを痛めか、石灰化による痛みのどちらかだそうです。

上腕二頭筋腱の石灰化の確定診断には、麻酔下での関節鏡という大掛かりな検査が必要。

ちなみに、頭を上下に動かし始めたら、肩関節周囲の骨関節炎の疑い

これはどのような病気かというと、

  • 関節に痛みや変形、こわばりを生じる進行性の関節疾患
  • 高齢犬に多い
  • 歩くのを嫌がったり、足を引きずる
  • 肩や前足に発症すると、頭を不自然に上下に動かす

PEPPY vet 症状から見つける犬の病気 歩き方がおかしい より参照。

この病気は治らないとのこと。

肩関節周囲炎の特徴の足を引きずる、頭を上下に動かすことはなかったため、除外されました。

痛み止めの薬と絶対安静

治療は、痛み止めの薬を飲みながら、2週間の絶対安静

犬の関節炎・ヘルニアに有効な鎮痛剤、痛み止めのプレビコックスを病院で処方されました。

トイレ以外で庭のドッグランに出る以外は、安静。

愛犬には辛い2週間でした。

多少のぎこちなさは残るものの、徐々に回復。

再び、動物病院に受診すると、

無理のない範囲で十分に運動させるように言われました。

(判断は難しいですが、大切なことです)

徐々に散歩時間を伸ばしていき、無理せず運動させることに。

発症から1か月後には、愛犬も元気になりました。

元気になったところで、安心していました。

その1か月後、今度は更に犬の悲鳴のような鳴き声を聞くことになろうとは……。

ここまで読んで下さってありがとうございました!

続きは、次の記事となります。

その他、YouTubeTwitterInstagramでも

30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信しておりますので、

こちらも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA