ル・クルーゼ ペットの食器をレビュー!犬用食器のメリット・デメリットまとめ

犬用食器の中でも人気の高いル・クルーゼ ペット。

商品のレビューや口コミを見ていると、高評価が多い印象です。

我が家も犬の誕生日に購入しました。

実際に使用してのメリット・デメリットを口コミやレビューと合わせてご紹介いたします。

メリット・デメリット!レビュー・口コミまとめ

メリットはこちら

  • 高級感があり、おしゃれ
  • カラーバリエーションが豊富
  • 食器のサイズが3種類あり、超小型~大型まで使用可能
  • ハイスタンドタイプはペットの首を痛めない
  • 陶器の重みで、食べているときに動かない
  • 陶器なので、傷つきにくい・汚れが落ちやすい・匂いが付きにくい
  • 電子レンジ対応なので、ご飯などを温められる
  • 食器洗い機対応なので、洗い物も楽ちん
  • 裏が空洞なので、掴みやすく、洗いやすい

特に多かったのは、高級感があり、おしゃれといった食器が放つ存在感

我が家は主に、水飲みに使用しています。

部屋にマッチしていて来客者が来ても恥ずかしくありません。

陶器のしっかりとした重みで、食べている時に動かないのも好評な理由です。

大型犬が食事に使っても、ほとんど動きません。

エリザベスカラーを付けた犬のために、購入している人も多かったです。

個人的には、陶器の傷付きにくく、汚れが落ちやすいところも魅力的でした。

食器に傷がつくと、

  • 傷に雑菌が繁殖する
  • ペットが舌を痛める

愛用する食器だからこそ、安全性にはこだわりたいですよね。

デメリットはこちら

  • 高級品(人間の使う食器より高い!)
  • 食器を洗う際に、重くて落とさないように気を遣う
  • 裏の部分が、水が溜まりやすく渇きにくい(拭くしかない!)

特に多かったのは、値段が高いため、購入に迷ったこと。

数千円~5,000円の価格帯です。

人間の食器でこの価格は、少し高く感じてしまいますよね。

ですが、誕生日プレゼントなどの贈り物には、ちょうどいいと思います。

食器を洗う際は、重いので注意が必要です。

ハイスタンドタイプの食器は1100g

我が家が購入した大型犬用のペットボール(Lサイズ)は1300g

ペットの食事中に食器が動かないわけですね。

超小型犬・小型犬用のペットボールは、そこまで重くないです。

参考までにペットボールのサイズと重さはこんな感じ。

(SSサイズ:250g、Sサイズ:470g、Mサイズ:770g)

陶器なので、重さは仕方ないことだと思いますし、慣れました。

個人的に一番のデメリットに感じるのは、

裏の部分に水が溜まり、乾きにくいことです。

食器を洗うと、水が裏面の溝に溜まります。

これは、ペットボールでもハイスタンドでも同様でした。

ですが、新しいモデルの商品には裏面に水切り用が付いているので、水を容易に抜くことができるそうです。

最初から付けておいて欲しかった。

メリット・デメリットまとめ

ル・クルーゼ ペットの食器のメリット・デメリットを紹介しました。

デザイン性・機能性に優れるため、記念日などにおすすめ。

デメリットも幾つかありましたが、改善もされているようでした。

ペットの写真や動画を撮る方は、あって損はないと思います。

我が家でも試しに1つ購入して、数日後にもう1つ購入した経緯あり。

ちなみに人気商品なので、在庫が不足していることが多いです。

愛するペットへの誕生日プレゼントの参考になったら嬉しいです。

製品の特長まとめ

数種類ありますが、選び方など参考にしていただければ幸いです。

ペットボール

超小型犬用(SS)~大型犬用(L)のサイズ。

カラーバリエーションも豊富。

電子レンジや食器洗い機を利用する人におすすめ。

ハイスタンド・ペットボール

高さが12cmになるように台が付いたペットボール。

猫やエリザベスカラーをつけた犬にも食べやすい設計。

水を入れたり、ご飯を入れたり、汎用性は高い。

ハイスタンド・ペットボール ディープ

中~大型犬用のペットボール。

通常のハイスタンド・ペットボールより1.5cm程、高い。

容量もドライフードで約200g入る。

フードがこぼれにくいように改良。

特に鼻の短い短頭種の犬に最適化されている。

(フレンチ・ブルドッグ、ボストン・テリア、ボクサー、パグ、シーズーなど)

ル・クルーゼ公式サイト ペット用一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA