【福島市】花見山公園に大型犬を連れて散策!ハイシーズンを避ければ、大型犬も一緒に行ける!

福島市にある花見山公園には、犬を連れてお花見ができます。

犬を連れて無料でお花見を楽しみましょう。

ですが、注意点したいのは、交通規制がかかるハイシーズン。

交通規制がかからないオフシーズン中が狙い目。

今回、ハイシーズン直前に30代夫婦とハスキー犬で散策してきました。

ふくしまの桃源郷『花見山』

花見山公園とは、

  • 福島県福島市にある花卉園芸農家の私有地
  • 所有者が公園として市民に無料開放
  • ウォーキング型の花見をする観光地

ウィキペディア(Wikipedia)より

県内外から花見に訪れる、福島市の花の観光名所。

美しい景観を楽しむことができます。

注意点としては、開花時期に交通規制が実施されること。

花見山周辺への自家用車での乗り入れができなくなります。

ちなみに、2021年の交通規制は、

2021年3月27日(土)~4月18日(日) の 7:00~17:00

開花時期は、臨時駐車場を利用する必要があります。

臨時駐車場からは、バスなども出ます。

犬を連れている場合は、ケージなどに入れることで乗車が可能。

つまり、超小型犬と小型犬は乗車できますが、大型犬は無理です。

大型犬を花見山公園に連れて行く方法は2つ。

  1. 臨時駐車場から歩いて花見山公園を目指す
  2. オフシーズンに花見山公園入口に駐車する

臨時駐車場から花見山公園までは、距離があります。

ハイシーズン中は、多くの人で賑わいます。

散策時には、他のお客様の迷惑にならないように注意する必要があるでしょう。

なので、我が家は、オフシーズン中に訪れてみました。

シベリアンハスキーと花見山を散策

花見山公園入口に5台だけ駐車場があります。

私たちが行った際には、10台前後の車が停まっていました。

運よく停めることができたので、そこから花見山公園内を散策することに。

桜は蕾でしたが、

十月桜(ジュウガツザクラ)や連翹(レンギョウ)、

日向水木(ヒュウガミズキ)などが咲いていました。

妻は、日向水木(ヒュウガミズキ)、

夫は、連翹(レンギョウ)がお気に入り。

どちらとも鮮やかな黄色に目を奪われました。

レンギョウ

15分ほどで頂上まで到達。

街を一望できます。

桜が咲いていたら、もっと美しい情景を見られます。

帰り道のシベリアンハスキーと妻。

傾斜もあるので、気を付けてながら、散策。

いい運動になります。

花見山公園は、犬の散歩コースとしてもいいかも。

散策を終えて、花見山周囲を歩いていると。

菜の花畑を発見。

一面の菜の花に走り出す、妻とシベリアンハスキー。

春を満喫した我が家なのでした。

ここまで読んで下さってありがとうございました!

その他、YouTubeTwitterInstagramでも

30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信しておりますので、

こちらも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA