30代夫婦とハスキー犬の暮らしぶりを一週間振り返る 2021年6月2週目

30代夫婦とハスキー犬の暮らしの1週間を写真多めで紹介していくコーナー。

2021年6月の第2週目(6月7日~6月13日)を振り返ります。

6月7日:お留守番が始まる月曜日

土日休みからの月曜日。早起きができないシベリアンハスキー。

ウトウトして半分夢の中にいます。妻の散歩の準備が整うまで寝室でゴロゴロして、夫婦が出勤後はちょっとつまらないお留守番業務を遂行。

ヴィヴィアンもお留守番、大変なんだよね。今週も頑張っていこう!

6月8日:○○が食べたい火曜日

この日のランチはカレーにしました。帰宅し、ランチを食べようとするとピタッとヴィヴィアンがくっついてきます。おこぼれを狙っているようです。

この中であげられるものはありませんでしたが、ヴィヴィアンはどうやらスコーンが欲しいみたい。カレーを食べ始めるとその場でじっとしていましたが、スコーンに手を伸ばすとまずるで私の腕を突き上げてきます。

しょうがないので、わんこパンを与えました。自分だけ食べるよりもヴィヴィアンと一緒に食べる方が美味しいですから。

6月9日:シャンプーな水曜日

この日は宇都宮市にあるドッグサロンにシャンプーをして貰いに行きました。ガーリーな空間がドッグサロンとはかけ離れ過ぎていて、非常にお洒落。トリマーさんも結構こだわりがあって安心して任せることができる印象。シャンプー後も痒みはなさそうで、次回からもこちらでお願いしようかな?

6月10日:甘えん坊の化身となる木曜日

夕食後に甘えん坊になったシベリアンハスキー。ひたすら撫でることを強要するヴィヴィアン。お留守番中に怖い夢でも見たのかな?シャンプーしたばかりのハスキーからはとてもいい匂いがしていて、こちらとしても撫でまわしてあげました。(そろそろ抜け毛が多くなりそう。)

6月11日:待ちに待ったメロンな金曜日

紆余曲折ありましたが、やっとこの日メロンを食べることができました。ヴィヴィアンもメロンが入っている段ボールを毎日確認して、食べ頃かどうか判断していたように思います。

念願かなってメロンを黙々と食べ進めたシベリアンハスキー。糖質・カロリー・食物繊維が多いため与える量については注意が必要ですが、本人はメロンの美味しさの虜。家族みんなでメロンを満喫出来ました。

6月12日:祖母の49日でお留守番な土曜日

夫の祖母の49日のため、ヴィヴィアンは実家でお留守番。お坊さんから49日の由来について聞くことができたので、それを紹介します。

中国の偉いお坊さんが死後何日で魂が抜けるかを調べたことがあったそうです。7日ごとに重さをはかっていき、7週目(49日)に魂の重さが抜けていたとのこと。そこから49日と言われるようになったようです(諸説あるようですが)。

なので、49日までは霊として私たちの事を見守っているため御霊前、それ以降は仏様となるため49日後からは御仏前となります。

6月13日:お寿司な日曜日

ハスキーファミリーたちとお寿司屋さんでこれでもかと海の幸を味わいました。夫婦そろって海の幸に舌鼓を打ちました。

月曜日からの一週間に向けて英気を養う夫婦。来週には妻が2回目の新型コロナウイルスワクチン接種があります。美味しい物を食べて栄養付けたので、副反応が出なければいいなーと思う夫婦なのでした。

ここまで読んで下さってありがとうございました!

その他、YouTubeTwitterInstagramでも

30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信しておりますので、

こちらも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA