母の誕生日を子供たちとシベリアンハスキーで祝う

6月26日は妻の母親の誕生日。子供たちとシベリアンハスキーたちで母の誕生日をお祝いしました。どのような誕生日会になったのか、ヴィヴィアンが大成功をおさめた、ハスキーのお祝い術も公開していきます!

2021年の事を書く前に前年の2020年の母の誕生日を振り返っていきます。ちなみに内容が多くなってしまうので、ここから数回の記事にわたって書かせて頂きます。

ヴィヴィアンのお祝い大作戦

実家にやってきた30代夫婦とハスキー犬のヴィヴィアン。ここは妻の実家であり、ヴィヴィアンが産まれた場所でもあります。

我が家3人は車で実家に到着し、まずは長旅から解放されたヴィヴィアンのリフレッシュタイム(トイレタイム)。スッキリしたところで、母のお祝い大作戦に取り掛かります。

まずはヴィヴィアンの頭にHappy Birthdayと書かれた三角帽子を被せてます。

次にヴィヴィアンを連れて玄関まで向かい、インターフォンを鳴らします。

その後、インターフォンに妻の顔を近づけ、鍵を開けてと母に促します。

最後にヴィヴィアンを玄関に入れれば、

ヴィヴィアンのお祝い大作戦、完了!

この姿を見た母も大層喜んでいました。やはり、可愛いは正義!帽子一つで母も私たち夫婦もキャーキャーしてしまいました……。

ヴィヴィアンも非常に満足気だったのを覚えています。やるからには全力のシベリアンハスキー。お祝い作戦が大成功したことで、家の中にいる母犬や兄弟ハスキーにも帽子を自慢しに行きました。

この後、激しい歓迎を受けたヴィヴィアンの帽子はすぐに地面に落下。玄関に迎えに来てくれたのが、母だけで良かった。他のハスキーがいたら作戦どころじゃなかったでしょう。

フレンチで母をお祝い大作戦

2020年のお誕生日ランチはフレンチを予約しました。ここはよく利用するフレンチレストランで、30代夫婦は記念日には高確率でここにしています。コストパフォーマンスが良くて、サービスの質も高いのがポイントです。

乾杯はぶどうジュースとスパークリングウォーター

お酒を飲む人はいないので、ブドウジュースで乾杯。音頭をとったのは4歳児の坊ちゃん。坊ちゃんにとって母は、ばぁば。坊ちゃんもフレンチに挑戦です(お子様ランチですが)。テーブルの上にあったバターをチーズと言って笑いをとったりしてくれて和やかな雰囲気でスタートしました。

ちなみに幕末志士のラジオネタと被っていたので、夫にはこの坊ちゃんのギャグ?がウケていました。(マニアックなネタですみません!)

前菜からデザートプレートに至るまで美味しかったなぁ。新型コロナウイルス対策として、サーブ回数を減らすために工夫されていました。そんな配慮ができるのもホテル東日本宇都宮のパルテールの魅力の一つです。

そして、坊ちゃんももう一つの大切なお仕事。それは……

いつもお世話になっているばぁばにプレゼントを渡すこと。この姿を見た母も大層喜んでいました。やはり、孫は可愛い!ヴィヴィアンの時と同じくらい嬉しそうにしていて、そんな姿に私たち子供たちもほっこり。お祝いランチは大成功!

2020年の母の誕生日は大成功でした。そして迎えた2021年。今年はどのようなことが起こったのか……それはまた明日の記事で書こうと思います。それでは~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA