簡単!フードドライヤーがおすすめ!りんごで犬の手作りおやつ!

犬にも健康的なおやつを与えたいですよね。

フードドライヤーがあれば、簡単に無添加の犬用おやつを作ることができます。

今回はりんごをフードドライヤーでおやつにしてみました。

フードドライヤーのメリット

健康的なおやつをペットに

犬や猫などのペットには健康的なおやつを買い与えたいですよね。

市販のおやつには、保存料・添加物などが多少なりとも含まれています

犬や猫の死因は以下の通り。

犬の死因TOP3

  1. がん  54%
  2. 心臓病 17%
  3. 腎不全  7%

猫の死因TOP3

  1. がん     38%
  2. 腎不全    22%
  3. 伝染性腹膜炎 10%

*日本アニマル倶楽部 2017のデータを参照。

人間と同じでがんが第一位。

食べ物だけががんになる要因ではありませんが、

できる限り長生きできるように添加物の少ないものを与えたいです。

ただし、添加物の少ないおやつは少ないのが現状です。

保存期間を長くしたり、色味を保ったり……

選ぶのも一苦労です。

フードドライヤー

我が家ではフードドライヤーを購入し、おやつを作っています。

鶏のササミ(ジャーキー)・砂肝・りんご・干し芋など色々作れます。

素材自体に添加物が無ければ、安全なおやつを作ることができます。

簡単で安価にペットのおやつを作ることができるのでおすすめです。

参考までに我が家で使っているフードドライヤーを載せておきます。


金網タイプの高価なフードドライヤーもありますが、

我が家では果物などが多く、あまり使用頻度も高くないため安価なこちらを使用しています。

多くの量をドライすることも、量を調整することもできるので、重宝しています。

りんごのおやつ作り

アルプス乙女。りんご飴にも使用される小さなりんご

今回使用したりんごはこちらのアルプス乙女。

りんご飴にも使われる小さくて可愛らしいりんごです。

ヴィヴィアンのおやつのために購入。

(けして可愛いから一目惚れして購入したわけではありませんよ)

軽く水洗いした後に薄くスライスしていきます。

このままでも十分美味しそう

フードドライヤーに並べて、スイッチON。

それだけ。

我が家は夜間電力でお得に調理します。

翌日、美味しそうなドライりんごになっています。

ドライりんごを愛犬にあげてみた

ドライりんご

完成したドライりんごがこちら。

とても美味しそうです。

ドライりんごに興味津々のシベリアンハスキー

実際に与えてみると、食いつきも良かったです。

好き嫌いが激しいヴィヴィアンも大満足。

与えるのをやめると、物欲しそうにじっとこちらを見てきます。

我が家の愛犬には好評でした。

ドライ食品の注意点

注意点としては以下のものが考えられます。

  • 糖質が多い
  • 食物繊維が多い

栄養素が濃縮されるため、果物などの糖質も濃縮されます。

与え過ぎると肥満の原因にもなるので注意が必要です。

食物繊維も便秘などの改善に役立ちますが、

軟便や下痢の原因になることもあるため与え過ぎ注意です。

ドライフルーツを作成する際には、

外皮・種・芯などは取り除きましょう。

また、犬にあげてはいけない果物もあるので注意が必要です。

犬に与えてはいけないドライフルーツまとめ

  • ブドウ
  • イチジク
  • 柑橘類の外皮が付いたもの
  • プルーン
  • 砂糖などが付いたドライフルーツ

まとめ

犬にとって健康的なおやつの一つがフードドライヤーで自作したおやつです。

フードドライヤーがあれば、簡単に無添加の犬用おやつを作ることができます。

容量などを守りながら、大切な愛犬に美味しいものを与えていきたいですよね。

最後にドライりんごを実食しているシベリアンハスキーの動画を載せておきます。

ここまで読んで下さってありがとうございました!

その他、YouTubeTwitterInstagramでも

30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信しておりますので、

こちらも宜しくお願い致します。

では、またのブログでお会いしましょう✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA