ペットの火葬|ペット霊園宇都宮でお葬式

ヴィヴィアンの兄弟犬、マロンが亡くなりました。

ペット霊園宇都宮でお葬式をして良かったと思えたので、その時のことを書いていこうと思います。

ペットを火葬できる場所を探す

兄弟犬のマロンが免疫介在性溶血性貧血のため、お空に旅立ちました。

まだ10歳。母犬よりも早くお空に行ってしまいました。

悲しんでも大切な家族は帰ってきません。

悲しみに暮れながら、犬を火葬できる場所を探しました。

探した条件は以下の通りです。

希望する火葬場の条件
  • 犬も参列できる
  • 人間7名が参列できる

現在(2022年4月)、犬の火葬も参加制限のある施設もあります。(大人2名までなど)

また、母犬に息子を見送らせてあげたいと思い、犬も参列できる場所を探しました。

複数のペット火葬場に問い合わせを行った結果、ペット霊園宇都宮さんでお世話になることにしました。

決め手は電話対応が丁寧で好印象だったこと、マロンの飼い主たちの希望に沿うことができたためです。

ペット霊園宇都宮でお葬式をする

ペット霊園宇都宮は関東最大級の宇都宮のペット霊園です。

犬や猫以外にも鳥や金魚など、あらゆるペットを火葬してくれます。

優しい対応や配慮をしてくれると、口コミでも評価が高いです。

基本情報

INFO

葬儀費用

今回の葬儀の費用は次の通りです。

  • 葬儀の価格:34,000円(30㎏以下)
  • お持ち帰り用骨壺:8,500円 

合計金額は4万円チョットでした。

詳細はこちらの公式ホームページを参照して下さい。

葬儀の内容

当日の葬儀の流れは次のようになります。

式場に到着

式場に到着した後、ペットを車から棺(段ボール)に移動させます。

棺は式場側で用意してくれます。

お別れ室へ移動

お別れ室に移動し、火葬に向けての準備を行います。

私たちが準備をしたモノは、

  • 生花(大量に)
  • おやつ
  • 手紙
  • おもちゃ
  • スカーフ

これらを棺に入れていき、別れを惜しみます。

お別れの時間は40分ほど。

母犬もお別れ室に入ってもらい、息子との別れを見守ります。

犬と一緒に別れを惜しむことができました。

生花を用意できなくても、造花は式場で購入することができます。

お別れのメッセージカードなども式場で用意があります。

お別れ室でお焼香

花を添えてお別れの準備を終えたら、お焼香になります。

お焼香を終えると、火葬になります。

約1時間ほどの火葬。

母犬は息子のそばから離れようとしませんでした。

火葬(1時間程度)

約1時間ほどで火葬が終わります。

待合室には、缶のお茶が置かれていました。

写真のお弁当は私たちで用意したモノになります。

納骨

納骨は以下の二つの選択肢がありました。

  • 二人だけで全ての骨を骨壺に入れる
  • 全員で一部の骨を収骨(残りは施設の方が入れる)

時間も限られていましたし、人間7人で葬儀に参加していたからかもしれません。

ペット霊園宇都宮さんの計らいで全員で骨壺に骨を入れることができ、マロンの飼い主ふたりで全ての骨を収骨できました。

感想

丁寧な対応が印象的でした。

他の葬儀屋さんは電話対応がイマイチだったりしました。

電話対応・現地対応ともに満足です。

ペットの葬儀を検討するのであれば、選択肢の一つになります。

金額も良心的ですし、大手の葬儀屋さんなので、安心です。

お別れがしっかりできて良かったです。

最後に……

マロンありがとう!お空の上からみんなを見守っていてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA