大型犬と行く北海道旅行!Part5:函館・洞爺湖の犬連れ旅行!完結編

30代夫婦と大型犬のシベリアンハスキーと2泊3日の函館・洞爺湖旅行。

第5回目はPart1~4で紹介しきれなかった部分を紹介していこうと思います。

洞爺湖周辺の散策、高速道路のパーキングエリア、函館山(100万ドルの夜景)、帰路の様子などの内容になります。

北海道旅行編のまとめです。

洞爺湖・洞爺湖温泉

函館公園を後にして次なる目的地の洞爺湖・洞爺湖温泉にやってきました。

洞爺湖は人気の観光地で、湖の絶景や遊覧船、58基もの彫刻など、見どころが多くあります。

湖畔を散策していると、多くの撮影スポットがあります。

散歩をしながら愛犬との旅の思い出にパシャリ。

この辺り一帯が洞爺湖八景に選ばれている絶景スポット。

どこで写真を撮っても、美しい湖と緑、澄んだ空で素敵な一枚に……。

この日はあいにくの雨でしたが、散策は楽しめました。

ツボ足健康通りを私とシベリアンハスキーで歩きます。

少し歩くと、そこには洞爺湖温泉 洞龍(とうろん)の湯

無料で利用できます。

足裏を物理的に刺激して足湯で温めることで、旅の疲れもとれそうですね。

八雲パーキングエリア・噴火湾パノラマパーク

北海道の道央自動車道路の八雲パーキングエリア(PA)で休憩をすることがおすすめです。

八雲PAは上下集約型のパーキングエリア。

大型8台・小型50台のみしか駐車できません。

私たちが立ち寄った時も混んでいましたが、何とか駐車。

家族みんなで海の方に進むと、噴火湾パノラマパークがあります。

*ちなみに、一般道からこの公園に入ることもできます。

パノラマ館やまきばの冒険広場、パークゴルフ場など、楽しめる施設が多くあります。

我が家の目的は、ピクニック広場

海を眺めながら、広大な敷地を愛犬と一緒に走り回ることもできます。

運転に疲れた愛犬のシベリアンハスキーもここでは、大はしゃぎ。

愛犬の休憩も兼ねて立ち寄る家族も多い、人気スポットです。

お友達とご挨拶

函館山

世界三大夜景である函館山から見える景色は、北海道随一の観光名所。

車で函館山登山道を通り、山頂に行くことができます。

ただし、山頂までは17時までに到達しなければなりません。

17時以降はマイカー規制がかかり、山頂に向かうことは出来なくなります。

下山には規制はかかりません。

函館山ロープウェイを使えば規制を受けることなく、夜景を楽しむことができます。

我が家はフェリーの時間があり、夕方までしかいれませんでしたが、景色は絶景。

函館を一望できる素敵な場所でした。

愛犬を連れて行けるのも、嬉しいポイントです。

夜になると想像以上に混むので、愛犬を連れて行く場合は日中がいいかもしれません。

旅行の帰路

函館山からフェリー乗り場である函館ターミナルへ。

ブルーハピネスに乗り本州へ帰ります。

フェリーに乗り込むと停車位置にドッグカートが用意されていました。

部屋に着くなり、ヴィヴィアンは爆睡。

無事に高速道路も走破し、自宅に着くなり、家族3人ですぐさま就寝。

疲れましたが、また北海道旅行に行きたいと思います。

ここまで読んで下さってありがとうございました!

北海道旅行編これにて完結です。

その他、YouTubeTwitterInstagramでも

30代夫婦とハスキー犬のいる暮らしを発信しておりますので、

こちらも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA